ほんの少し活気があったが、、

前日調べで海水温28度(^_^;)

行く前から絶望的な水温でしたが、毎度の事ながら行ってまいりました。

河口に3時半頃到着〜

珍しく先客が、、

まぁ顔馴染みの方でした(*^^*)

当たりはないそうでした。

挨拶もそこそこに河口先端の特等席が空いていたので、そこからキャスト開始〜

足にかかる波もナマ暖かい(°_°)
月明かりも少なめで星が綺麗だな〜

なんてボ〜っとリトリーブしてるといきなりガツン!

おっ!エラ洗いしない?大きくはないけど、首降ってる?まさか〜(*^^*)

なんて余裕ぶっこいてやりとりしてると、ブレイクの波に揉まれて痛恨のバラシ〜(T_T)

バラシたものの今日は魚がいる事に安堵(^_^;)

同じ様なコースを通しても反応が無くなってしまったので、ポイントをもう少し遠目のブレイクから少し早目のリトリーブでガツン!

元気一杯65cmのヒラスズキでした(*^^*)

砂ヒラ安定のスピンブリーズ!
シマノ(SHIMANO) 熱砂 スピンブリーズ130S X AR−C OM−230P 31T(拘りヒラメゴールド)

アクシオンでも良かったんですが少〜し使い方が変わって来るので。


しかし、さっきのバラシた奴じゃないな〜

引きが全然違うし、

これは追加のチャンスか?

淡〜い期待を込めて再度同じポイントを攻める、攻めるも追加なし(^_^;)
朝マヅメ終了を目処に砂浜の方まで移動中に、、

あっ!カタクチが何かに追われてる!


って言っても浜にあがったのは2〜3匹でしたが、カタクチの量は兎も角、こんな場面に遭遇するとテンションが上がらないアングラーはいませんよね(*^^*)

急いでキャスト開始!

何投しただろう、、(T_T)

上も下もなんなら中層も攻めて、どのルアーにも反応が無く、、それでも時折忘れた頃に追われるカタクチ、、
やっぱりスピンドリフト90HSはタックルボックスに入れときゃ良かったな〜(^_^;)

そんな無駄な後悔にふけっていると、フォール中にバイトが!

しかし軽〜い(°_°)

波打際でバラシましたが、しっかり確認、エソでした(汗)

エソでもバラすと悔しいですね(^_^;)

しかしカタクチを追ってるフィッシュイーターは違うはずなんですが、お祭りも終わり結局は正体不明のまま帰還時刻に迫ったため納竿としました(・・;)

最近フラット系釣ってないな〜(^_^;)

地域差があるとは言えそろそろ旬のものを食べたいですな〜(*^^*)

しかしキス釣りのおっちゃん達がキスが釣れない位だからな〜(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高知県中央部仁淀川河口サーフでサーフヒラメにハマってる、2児のパパです。シーズンが始まると平日の昼間でも時間を調整して行ってしまい、奥さんに怒られます(笑)