やりにくいサーフに変わりつつある仁淀川河口

毎度の事ながら仁淀川河口サーフに行って参りました。

朝マヅメ前から河口に入り、ヒラスズキ狙いからスタート!

昨日からのうねりが残ってるのか、波足も長くやりにくかったです(汗)

びっくりしたのが、足にかかる波が、暖かい、、しかも川の水も、、

外洋はルアーの届く範囲は激浅(^_^;)

ブレイクは遠すぎる(汗)

やれやれモードに急落です(T_T)
落ち込んでても魚が居るかは分からないので1番近いブレイクがあるポイントでキャスト開始。

早々に2バイトがあるものの乗らず、、
これで魚を散らしてしまったようで、この後一切バイトがなくなってしまいました(汗)

マヅメ終了近くに市川さんと合流し深場に移動〜

まぁ、なんですよ、練習です(笑)

京都のフィッシングエイトで買ったフュージョンとTICTのスプーンみたいなジグを交互に投げて、フォローにハウルを入れるみたいな、、

んで練習の成果はこちらの迷子のお子さんでした(^_^;)


エラにザックリ(^_^;)
なんかゴメン、、って思ってると頭の上をトンビがグルグル回ってますやん!

田舎の梼原(高知の山奥)ではよくトンビに空中餌やりを楽しんだりするので、ここのトンビも上手に取れるかな?っと思ったので、餌やり挑戦!


(撮影者市川さん)

ここのトンビはヘッタクソでした(^_^;)
4度のキャッチミス、、結局落ちてるのを取りに来ました(汗)

捉え方によってはなんて事すんの?みたいな事言われそうですが、田舎の高知では当たり前に叔父さん達が釣って持ち帰らない魚をトンビにあげてます。

空中キャッチに成功したら意外と楽しいですよ(*^^*)

しっかし高知のサーフは激渋が続いております(汗)

この子達を釣るのは簡単なんですが(笑)

おまけ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高知県中央部仁淀川河口サーフでサーフヒラメにハマってる、2児のパパです。シーズンが始まると平日の昼間でも時間を調整して行ってしまい、奥さんに怒られます(笑)