ヒラ、、、プチフィーバー

いや〜ようやく7月の釣行が書けます。

日曜に行ってました(^^)

本当は土曜日も行ってましたが、台風バリの爆風で河口に行くも、1投もせずに帰りました(汗)

一応観察はしましたけどね(^^)

そこで確信したのが、日曜はヒラスズキデーだと、、、

いつもの釣りバカな仲間達と待ち合わせして、いざ河口に出陣!

珍しく先客アリ(°_°)

サッパリバイトもないそうです(^_^;)??

んが!!そんな情報を払拭させる様な事態に(笑)

釣り友あらっ太郎君が開始1投目で良型ヒラスズキをゲット!(笑)

すかさずポイントに入る、エロ親父市川さんもあっさりヒラスズキをゲット!

そしてその後にポイントに入る奥手な上くん(笑)

そしてさらにその後に入る紳士な僕(笑)

先にヒラスズキを上げた2人にヒットパターンを聞いてじっくりそれに近い何通りか試しているとヒット!!

フッキングした瞬間にデカイと確信しました。


家にお持ち帰りして測ってみると72cm!

良いお土産が出来ました(^^)

その後そのポイントにいたヒラスズキも警戒したのか、沖に出てしまったのか?反応が無くなってしまいました(汗)

まぁ同じポイントで3本も出せばスレますよね(笑)

しかし河口絡みはブリーズに限りますね(^^)

そしてマヅメに差し掛かるタイミングでサーフ側に移動〜

期待は出来ませんが、ヒラメが居たら釣りたいですからね(^_^;)

結果追加出来たのはヒラスズキ1本でしたが、仲間達とで3時間やったかな?

多分そんなにやってないですが、磯でなく、河口付近で仲間内で楽しみながらやって、これだけ釣れれば上出来でしょう(^^)


しかし今回の釣行も勉強になったポイントが2点

なぜ先行者と仲間内では釣果が違ったのか?

①仲間内でヒットしたパターンを共有出来た。

カラー、レンジ、タダ巻き、ストップ&ゴー、ドリフト、フォール

②そして魚さえいればそのヒットパターンを再現すれば意外と簡単に釣れる。

ルアーの特徴を理解しヒットパターンに近いアクションのルアーをチョイス出来るか?

まぁカッコ良く書きましたが、増水してベイトも流されてましたし、悪く言えば釣れた人のマネをして手っ取り早く釣っただけですけどね(笑)

釣れない夏前に楽しい釣行が出来ました(^^)

釣り好きパパの至福です。

☆意外と色んなパターンを再現しやすい

参加ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高知県中央部仁淀川河口サーフでサーフヒラメにハマってる、2児のパパです。シーズンが始まると平日の昼間でも時間を調整して行ってしまい、奥さんに怒られます(笑)